え、Windows 10のアップデートでUbuntuをネイティブで動かせるの?

ちょっと情報が出たばかりで詳しくわからないのですが。。

非常に楽しみな内容です!

Windows 10の次期アップデート

「Redstone」ではBashをサポートすることになるようです。

Bashとは?

bash は数多くの Linux システムや Mac OS X(10.3以降)に標準搭載され、

多くの UNIX 風オペレーティングシステム上で動作する。

Windows にもCygwin プロジェクトによって移植されている。

また、Windows上でネイティブUnix環境を提供する Interix サブシステム上では

Unix版のソースコードをビルドしてWindows上で使用することができる。

Linux 系を中心に、一部のシステムでは /bin/sh の実体が bash である。

ふむ、やはりそうですよね。

Bashはあくまでもあの端末(ターミナル)を開いたときに諸々処理してくれるやつですよね。

でもLinuxにおいてはあれが本体みたいなものなので

Bashをサポート=Linuxをサポートと同義でもいいのかな。。?

ちょっとこの辺は専門外なので間違っていたらごめんなさい!

今私も使っていますが、Windows上でCygwinを使ってやっているようなことは

そのままネイティブで出来るようになると解釈して良さそうです!

Gitとかもそのまま使えるようになるなら大変ありがたいですね。

カーネルビルドとかもWindowsネイティブで出来るようになるとありがたいなぁ。。

サーバ運用もWindowsネイティブで運用できるようになればパフォーマンス上がるし。。

夢が広がりますw

有識者の方の詳しい解説を待ちたいと思います!

そしたらWindows 10にアップデートしなきゃなぁ。。(そこから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
Top