超初心者の私がHtc ViveとUnityでVRの開発を始める! – PPPNeXus Notes -代表の気まぐれブログ-

超初心者の私がHtc ViveとUnityでVRの開発を始める!

2016-06-16 19.24.06

こちらの記事は本当に多くの方に見ていただいているようで、

ありがとうございます!

今後時間を見つけながら色々挑戦していきたいと思っていますので、

宜しくお願い致します!

UnityもVRも全くの素人ですが、

今Htc Viveがめっちゃ熱いようなので、

ここから少しずつ開発を進めていきたいと思います!

この業界は凄腕の方がいっぱいいらっしゃるので、

私のような素人の開発日記は数も少なく、貴重なはず!

まず、久々にUnityを起動したらそもそもライセンス云々いわれました。。笑

ログインして再アクティベートしようにもパスワードが。。

なるほど、Unityはパスが厳しくて大文字英語も含めなきゃいけないのね。

こりゃ忘れてた。。

さて、気を取り直して

まずはSteamVRなるプラグインが必要らしいです!

steamvr

Asset Store

ふむ、Unityで適当なプロジェクト作成後に起動すると

ダウンロードできそうな感じです!

steamvr2

なんかわかんないからとりあえず全部インポートすればいいかな。。

容量とか大丈夫かなw

steamvr3

そして。。どうやら私のUnityは5.2と古いようなので

ベータ版の5.4も入れておきましょう。

こういうのは新しい方がいいはずだよね。。

unityins

インストール完了後改めてSteamVRプラグインをインポートして

プロジェクトを作ったら、SteamVRSettingというのが出てきました。

steamvrsetting

steamvrsetting2

なんか褒められたので、多分AcceptAllでいいと思います!笑

steamdemo

下の

SteamVR -> Scens -> exampleをopenして

上のProjectView?をSceneにして

再生ボタンを押せばViveでサンプルが実行されます!

いやぁ。。簡単だ。。すごすぎる!

しかしあれですね。

やっぱ負荷やばいんだなぁ。。

普段ずっと35度ぐらいなGPUが即70度まで上がってしまった。。

さて、何かしら始めてみたかったのですが

何もわからない。。できない。。w

細かいところからやっていきたいと思います!

steamcreate

新しくプロジェクトを立ち上げ

下の方にあるcreateからSceneを追加します。

camerarig

次に

「Project」タブの「Assets/ SteamVR/Prefabs/[Camera Rig]」を

左上にドロップ

MainCameraの方はいらないので削除

これで実行すると。。

demoplay

何もない空間です!w

しかしなんとこれだけでちゃんとコントローラは認識してくれるのですね。。

ただ、一個だけで二つは認識してくれませんでした。

何故だ?

とりあえず

cube

左上のcreate 3d objectからcubeを作ります。

そしたら落っこちちゃいけないので。。床も作ります!

床もキューブで作ればいいのかな。。?

思いっきり適当ですw

yuka

一応床とキューブとコントローラ表示されました!

コントローラとキューブ浮いてるけどw

democube

lazer

次はコントローラでキューブを狙うあのレーザーを実装しましょう!

なんかすでにそれっぽいのはあるみたいですね。

Assets,SteamVR,Extras,LaserPointerを

Controller(right)にドラッグすると

レーザーを打てるようになります!

しかしなんか黒い。。w

自分でコンポーネントとして作るのもありなようです。

右のInspectorタブでAdd Component

Effect,Line Renderer

Use world spaceのチェックを外して。。

lazer.2png

うむ。。レーザーというより板ですねw

でかすぎるようです。

Element1のz座標を0.01にしたら細くはなったけど。。

lazer3

横向きです。。w

結局Element1のz座標は1にして

Paramatersの

start/end widthを両方0.01にするのが正解みたいです!

lazer4

さて、コントローラのフィードバックを得られるようにしなければですね!

これも便利なプラグインがあるみたいなので

それを用いて簡単に実装できるようです!

まずは左下のcreateから

C#Scriptをcreate

右のビューにNewBehaiourScriptというのが出来ましたね。

ControllerClassという名前に変更して

これを編集!

とりあえずこんな感じでいいようです。

実際の処理は後で色々考えてみましょう。。

そしたら

左上のController(right)を選んで

右のAdd Component, ScriptからControllerClassを選択

これがいわゆる「アタッチ」ってやつですね。

当たり前に書かれているのですが初心者の私にはこれすら難問です笑

これで左下にログとして状況が出るようになったので

無事成功みたいです!

controlltest

そして開発中一番困ったのが。。

ベースステーションの赤外線が結界を作っている??

パソコンの無線LANが死ぬほど調子悪いですw

これは困ったな。。

この記事は長くなりそうなので、

もうこのまま公開してリアルタイムに進めていきます。。w

ちゃんと後でうまくまとまるかな。。

Continue…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

『超初心者の私がHtc ViveとUnityでVRの開発を始める!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/03/15(水) 06:28:10 ID:801a0d496 返信

    初級者にはとても助かるサイトです.ぜひ,今後もしばしばアップしてくださるとありがたいです.

    • 名前:PPPNeXus@Choro 投稿日:2017/03/15(水) 15:54:42 ID:04aae7ace 返信

      大変嬉しいお言葉ありがとうございます!
      最近忙しくて全然やれていないのですが、
      そういってくださる方が居るのであればまた色々更新したいと思います!

      どういうのがいいかリクエストとかあったら嬉しいです!笑

  2. 名前:ぶっぱ 投稿日:2017/03/31(金) 15:11:48 ID:0fcdad0b3 返信

    お疲れ様です
    ここを参考にして自分も同じようにスタートラインに立てたように思います

    これからも頑張ってください

    • 名前:PPPNeXus@Choro 投稿日:2017/04/02(日) 11:31:22 ID:e1607c08f 返信

      お疲れ様です!
      本当に基本的なことしかかけていませんが、
      そういっていただけると嬉しいです!

      これからもよろしくお願いします!

  3. 名前:Fortress 投稿日:2018/04/12(木) 17:05:51 ID:a58b4f3f2 返信

    viveでゲーム開発したいと思ったもののセットアップの段階で右も左もわからず困っていたところ貴ブログにたどり着きました。
    そもそもUnityすら全く分かっていない私でも無事再現ができました。(ちゃんとUnityも勉強しようと思います…w)
    助かりました。ありがとうございます。

    • 名前:PPPNeXus@Choro 投稿日:2018/04/12(木) 17:11:57 ID:adb030845 返信

      おおぉぉお、コメントありがとうございます!

      そういっていただけると書いたかいがあって本当に嬉しいです!

      プログラムに関しては
      「何もわからないけどとりあえず再現した!」
      というのは
      モチベーションを高める最初の第一歩になります!
      そして、コピペしているだけだったり、解説をなぞるだけでも
      そのうち段々意味がわかってくるので、
      そうなるともっと楽しくなります!

      是非是非どんどん実践してみてください!

Top