Galaxy S8/Galaxy S8+にハードウェア宝くじがあるらしいので調べてみた! UFS2.1とUFS2.0がある?

はいっ

そういえばブログには書いてなかったですが

Galaxy S8+購入しました!

モデルはG955FD

デュアルSIMモデルですね!

現状不満は無く楽しく使っております!

今回このGalaxy S8は初期から様々な不具合が報告されています。

画面が妙に赤っぽくなる現象や

再起動を頻繁に繰り返す現象?

Wi-Fiがぶつぶつ途切れる現象などなどです。。

私のはどの不具合も無さそうな感じですが

スマホというのは同じものでも中身が色々違ったりすることがあります。

具体的に言うとカメラのモジュールが違ったり

搭載しているストレージが違ったりなどなど。。

今回は搭載されているストレージの規格?が違う場合があるようです。

UFS2.1が搭載されているのとUFS2.0が搭載されているのがあるらしい!

UFSとは?

Unix File SystemUFS)とは、UNIX系列のOSにおいて使用されるファイルシステムである。

また固有のファイルシステムを指す言葉ではなく、Version 7 Unix のファイルシステムおよびそこから派生した一連のファイルシステムの総称である。 一般にUFSと呼ぶ場合は4.2BSDで実装された Fast File System (FFS) のことを指す場合が多く、他にはFFFS、UFS2、UFS Logging等が存在する。

ふむ。。わからん!

とりあえずUNIX系列のファイルシステムのことらしい。

WindowsでいうNTFSとかexFatとかのことですね。

UFS 2.1デバイスは700〜800MBpsの間でホバリングするシーケンシャルリードスピードを提供し、ストレージ用UFS 2.0を使用するデバイスは500〜600MBpsのシーケンシャルリードスピードを実現します。

ということで、パフォーマンス(処理速度)に違いが出るようですね。

コメントでご指摘いただきました!

思いっきり間違えていて恥ずかしいのですが、

戒めとしてそのまま残しておきますw

正しくは

「UFS」とは、汎用的なフラッシュストレージを意味する英語「Universal Flash Storage」の略で、MLC/TLC NAND型フラッシュメモリーにコントローラーを搭載したものです。読みは、そのまま「ユーエフエス」と読みます。

もともと、リムーバブルストレージと組込型ストレージの両方に使えるフラッシュメモリーのバスの規格として策定されましたが、2016年現在、製品化されたものは組込用途向けのみです。つまり、用途としては、現在スマートフォンなどで使われている内蔵フラッシュストレージであるeMMCと同様の使われ方をするものだと思えばいいでしょう。

ということですっ

今までメインでeMMCが搭載されていたのですが、

いつの間にかそんなのに変わっていたのですね。。

私のGalaxy S8+はあほみたいにストレージが早いと思っていたので

多分UFS2.1だろう!うん

調べてみてUFS2.0だったらショックですが、やはり気になるので調べてみることに

まず、端末エミュレーターをGoogle Playからダウンロードするか

USBデバッグモードでadb接続します!

(何故か私の環境では今adb接続できないので端末エミュレーターを使いました。)

そして

こいつをたたくとモデル番号が出ますっ

Vendor:SAMSUNG Model:のところですね。

私の場合は

KLUCG4J1ED-B0C1

でした!

これを調べてみると。。

よし、UFS2.1っぽいです!

うむ、やはりな。。!

正直、パソコンではないのでこのぐらいのレベルの速度の差は

体感できる場面もほとんど無いかと思いますが、

良い方だったってことなら嬉しいですね!

『Galaxy S8/Galaxy S8+にハードウェア宝くじがあるらしいので調べてみた! UFS2.1とUFS2.0がある?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/05/12(金) 19:19:01 ID:a393fa806 返信

    UFSってユニバーサル フラッシュ ストレージなのでは?

Top